Topics

栄養科より

2019/07/08
授乳・離乳の支援ガイド(2019改訂版)をご存知ですか?
「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現に向けて、妊産婦さんや子供に関わる様々な職種の保健医療従事者が、一貫した支援を推進するために作成され活用されているものです。
 私達管理栄養士もこのガイドを指針に入院時の献立を立てたり、離乳やお子さんの食物アレルギーの相談など個別栄養指導を行っています。
お母さんの不安や負担が軽減され、より安心して授乳や子育てができるよう、これからも支援を行っていきたいと考えていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

日野市子育て情報サイト「ぽけっとなび」のご紹介

2019/06/20
日野市の子育て情報サイト「ぽけっとなび」をご紹介します。

「ぽけっとなび」は、日野市で子育てをしている保護者や、今後子育てを始める保護者の皆様を対象に、子育てに必要な行政情報をお届けするサービスです。

予防接種スケジュールの自動作成や受診日お知らせメールなど、便利な機能があるのでぜひご活用ください。

また、施設検索やお子様の健康に関するお知らせなど、子育てにかかせない情報を手軽に確認できます。

全て無料のサービスです。なお、予防接種スケジュールサービスを利用する方は、登録が必要です。(通信費、パケット代はご自身での負担となります。)

「日野市子育て情報サイトぽけっとなび」はこちら

超音波・遺伝相談外来の料金変更について

2019/04/03
平成31年4月1日から日野市立病院産婦人科「超音波・遺伝相談外来」の料金を、
条例に基づき一部変更いたしました。

・精密超音波検査・・25,110円(税別)
・カウンセリング料(初回)・・4,230円(税別)
・カウンセリング初回加算(紹介状のない方のみかかります)・・3,000円(税別)
・カウンセリング料(2回目以降)・・1,500円(税別)

当ホームページ「超音波・遺伝相談外来」ページ内の料金は、変更前の旧料金です。
順次こちらも最新の料金に更新する予定です。
予めご了承ください。

新生児聴覚検査の費用の助成について

2019/04/03
東京都では平成31年4月1日以降に生まれた赤ちゃんの新生児聴覚検査費用の助成を開始しました。
助成対象:東京都に住民票をお持ちの方
助成費用:3,000円
※助成には「新生児聴覚検査受診票」が必要です。
 詳しいことはお住いの各市区町村母子保健担当にお尋ねください。

日野市立病院産婦人科でもご利用いただけます。
ご出産時に入院病棟の助産師または看護師に「新生児聴覚検査受診票」をご提出ください。

ご面会に関して

2019/03/09
地域のインフルエンザ流行による感染予防のため、面会時間の制限を行っていましたが、現在通常の面会時間(8:00~21:00)となっております。発熱等風邪症状のある方は従来のとおりご面会をお控えください。
また、中学生以下のお子様は窓越しでの赤ちゃんの面会となります。
ご面会に来院の際は1階の窓口で面会手続きをお願いいたします。

面会について

2019/01/25
本日より産婦人科病棟で面会禁止が解除となりました。
ご家族のみ14時から20時までご面会いただけます。(中学生以下の入室は従来よりご遠慮いただいています)

面会の際はマスク着用と入室、退室時の手指消毒をよろしくお願いします。

1月・2月のファミリークラス

2019/01/15
1月のファミリークラス
第2課は17日です。

2月のファミリークラス
第1課は14日です。
第2課は21日です。
希望の方は産婦人科外来で予約を受け付けております。

インフルエンザに関すること

2019/01/15
当院の今季インフルエンザの予防接種は終了いたしました。

寒くなり、これからインフルエンザが流行る季節です。
現在、感染予防のため、面会時間が14~20時に制限されています。
また、面会の際は必ずマスク着用をお願いしています。
お部屋での面会時もマスクを外さないように、ご協力をお願いします。

風しん抗体検査・予防接種について

2018/11/01
11月1日より、風しん患者の増加を踏まえて、都事業の対象者が拡大されています。
「妊娠を予定または希望している女性」
「妊娠を予定または希望している女性の同居者」
「妊婦の同居者」が対象となります。
抗体検査や予防接種を希望される方は、
日野市健康課やお住まいの市区村町に確認してください。

栄養士からの一口メモ

2018/08/06
暑い日が続いていますが体調はいかがでしょうか。
暑い季節に気を付けたいのが食中毒です。特に妊娠中はリステリア菌による食中毒に注意が必要です。
・生ものを避ける
・手や調理器具をしっかり洗う
・冷蔵庫を過信しない などを心掛けて暑い夏を乗り切りましょう!

食中毒の情報については(厚生労働省ホームページ)をご参照ください。  

栄養科より
Pagetop